一般社団法人特殊案件施行士協会

サービス一覧

特殊清掃チームベアは、孤独死、事故死などの死後のお部屋の特殊清掃・遺品整理(生前整理) 残置物撤去について、独自の先端技術・ノウハウを元にした高品質サービスをご提供します。
特殊清掃の現場では、通常では考えられない様々な物が残っています。死後発見されたご遺体は腐乱し、強烈な死臭を漂わせ、遺体には蠅(ハ工)や蛆(ウジ)・ゴキブリなどの害虫に覆われ、腐り落ちた肉はやまとなっています。
遺品整理とは、故人が生前に使用していた家財道具・衣類・生活雑貨などの整理を行うことです。その後の清掃は、ご遺族や大家様・管理会社様などの方々が行わなければなりません。

愛する家族や親しい方がそのように亡くなり、悲惨な現場を目にした場合、深い悲しみや衝撃的な出来事ばかりで、その場に居ることすら困難な状況になると思います。そのような精神状態の中で...

汚染されている現場を何事も無かったかのような安全で無害な状態へ戻し、ご遺族様と関係者様が元の生活へ安心して戻れるようなお手伝いをさせて頂きます。


特殊案件施行士とは?

「特殊案件施行士」は、ご遺体が数日から数週間または数か月放置された部屋(孤独死、自殺、事件や事故に巻き込まれたケース)の殺菌(消毒)、原状回復(保存)、リフォーム(修復)を施し、同時にゴミ屋敷などの環境の回復を目的とした特殊案件、エンバーミング、グリーフケアなどの関連事項についての専門技術を身につけた特殊案件施行士によって編成する特別チームです。
一般社団法人特殊案件施行士協会が、特殊案件施行士の事務局を運営しており、お客様からのお問い合わせ、施行サービスのお申込みを受け付け、協会が認定した特殊案件施行士がいる加盟店にのみ業務を斡旋し、独自の先端技術・ノウハウを元にした高品質なサービスを提供しています。特殊清掃チームベア(特殊案件施工士協会)がお預かりする業務は、「孤独・無縁」に関するものばかりでなく、事故や自殺事件で命を落とされた方などのご依頼も多くあります。ご遺族の心を第一に考え(グリーフケアなど)、事務的に業務を行うことのないよう、「まごころ」と「思い遣る心」を心がけ、スタッフー人ひとりが業務に取り組んでおります。

故人の尊厳を守り、ご遺族の衝撃を和らげ、それぞれの気持ちに寄り添い、「安心」をお届けすることをお約束します。

終の現実

当協会の師匠でもあり親父代わりでもある「宮田昌次」の受賞作品です。

誰からもみとられることなく、一人で死亡しているのが見つかる「孤独死」
その実態については不明な部分が多く、国による明確な定義すらなし。
管理会社などの依頼で部屋を片付ける特殊清掃会社の男性は、
なぜそのような現実が起こっているのか・・・・
孤独死した人の関係者への取材を通じ「死」を取り巻く現実と背景を探る。

協会からのお知らせ